キャリアアップ

Career Up

一人ひとりの理想のキャリアをサポート

SFOが考えるキャリアアップは在籍年数で上がっていくものではありません。
キャリアアップとは何を成したかで形成されていきます。
自分の長所を生かし、スペシャリストとしての 道を選ぶ『専門職』、
1店舗のオーナーとして『独立』を目指すなど
あなたのキャリアプランに応じた様々な選択肢をSFOはご用意しています。
※独立起業、子会社社長、マネージャー、店長と様々なキャリアプランをサポートします。
※多くの未経験の社員が店長、マネージャー、子会社社長、独立社長へ成長しました。

研修

Training

SFOでは一人ひとりが成長できる研修があります。

『社員が成長する会社を作りたい』という思いのもと創られたSFOの研修の歴史は古く、
創業当初の社員4名の頃から長きにわたり実施されてきました。
多くの未経験の社員を店長へ成長させるSFOの研修は一人一人の成長段階に合わせた様々な研修を行うことで、社員の成長を会社は最大限支援しています。
その中で社員は自らキャリアを描き、適性や志向に合わせて成長を加速させ、
様々なフィールドで活躍しています。
育成の主体者は社員自分自身、一人ひとりの成長がSFOの成長を支えています。

研修概要

Training Ourline

  • 社外研修

    希望者は社外の講演会や勉強会などにも参加して学びを深めています。

  • 独立研修

    独⽴に必要なのは想いと戦略。資⾦調達から経営数字など独⽴に必要な事すべて伝えます。

  • 社内研修会

    社⻑自らが社内勉強会実施します。

SFOでは一人ひとりが成長できる研修があります。

成長の3段階「気づき」「知識⇒知恵」「さらなるステップアップ」に合わせた研修プログラムが整備されており、日々の業務やキャリア開発支援などと繋げ、社員自らが主体性を持ち自らを成長させていっています。

スタッフの声

Voice

  • マネージャー
  • 店舗管理者
  • 店舗管理者
  • チームリーダー
  • ホールスタッフ
  • 入社年度

    2010年

    部門名

    店舗統括マネージャー

    この世界に学歴は関係ない。
    ただ当たり前に当たり前のことやればいい。

    いま、マネージャーをやらせてもらっています。この会社が創業した頃から働いていて、もう6,7年くらい。いまでは全4店舗を管轄するマネージャーと言うポストをいただいています。
    マネージャーの仕事は、自分が手を動かすってわけではなくて、会社の意思を各店の店長、社員やアルバイトに伝えていくこと。みんなを一つにまとめる仕事です。だからシンプルに「どうしたらお客さんが喜んでくれると思うか?」「もっと良い接客をするためにどうしたらいいか?」と言う問いかけをひたすら言い続けることです。
    それ以外の実行レベルでの内容に関しては、ほとんど現場に委ねています。裁量権をドンッと渡している感じ。だからお店によってプランも違うし、メニューも違う。エリアによって人柄も変わるし、画一的に同価のサービスをするんじゃなくて、それぞれの地域柄にあった最適なサービスを場所場所で考えてもらっています。
    そのため『ただ言われたことをやるだけ』って人は厳しい会社だと思います。自分で考えられる人、目の前の仕事に真剣に取り組める人、そんな素養があれば普通にやってれば普通にキャリアが積み上がっていく。そんな会社なんです。逆に言うとたったこれだけ。難しい条件やハードルを示しているわけじゃない。正味うちの会社って社長以外は低学歴ばっかりなんです。僕も含めて。中卒・高卒ばかり。だから、それぞれにどこか”同じ世代のやつらを見返してたりたい、負けたくない”って気持ちがある。人の気持ちを考えるのに、勉強ができる必要なんてないんです。
    大事なのは、心の部分。素直な気持ちとやる気があれば、いくらでも上を目指せるのがこの会社なんです。

    目標は青天井?!
    まだ見ぬ領域を目指して。

    社長自身が目指す姿は業界で、市場でナンバーワンを取るところ。そこまではストイックに走り続けるし、彼自身満足はしません。僕らは社長が思い描く航路に乗る船員みたいなものなので、そのワクワクについていっているんです。だから、社長に「まだまだ」って言われたら、「ああ、まだまだなんや」って。勝手に満足なんてできない。
    上場企業のように数百店舗を越す大所帯の会社が提供する安定したサービスのクオリティ・価格。そしてある程度根が張るお店の決めの細かい接客。最低限のハードルがここにあります。「比べるんやったら自分たちより上の会社を」って口を酸っぱくして言われているので。そう考えた時に、いまの自分たちが達成できている部分はどこかって言われたら、本当まだまだなんです。
    そのために、よくするための施策に関しては積極的に動いていきますよ。次はこうしよう。こうしてみよう。これはどうだろう?って、新しさをどんどん吸収する。そうやってトライ&エラーを繰り返して徐々に軌道修正しながら真っ直ぐ目標に突き進んでいます。
    おかげで、いまでは安定して利益が出るようになってきました。これまで以上に具体的に未来を描けるようになってきました。事実出店スピードも上がって、これから数年先が具体的にイメージできるようになってきました。僕がするのは、目標を現実化するためのお手伝いをとことんやろうって。ただそれだけなんです。
    明確な目標と徐々に現実味を帯びてくる成長過程。やっぱり楽しいですよ、こう言うのは。

  • 入社年度

    2016年

    部門名

    店舗管理者

    流れに身を任せているうちに、
    落ち着く場所を見つけた。

    楽庵で店長を任せれました。”まっちゃん”こと”松村”です。 元々フリーターでふらふらとしていた際に出逢ったのが、現在SFOでマネージャーをしている 西野マネージャー。高槻の亜門ってお店によく飲みにいってたんですが、なぎさんの仕事終わりに一緒に飲み行ったりとプライベートでもよくしてもらってて。一緒に過ごす中で「うちおいでよ」って声をかけてくれたんです。最初は冗談だと思ってたので、聞き流していたんですが(笑)
    あんまり言ってくるから、「じゃあほんまにアルバイトからやってみます!」って話になって。
    それまで飲食店の経験ってなかったんですけど、意外と悪くないなって思ったんですよ。それまではデリバリーや現場作業、パチンコ屋なんかで働いていたんですが、どこか嫌、というか苦手な部分があったんで。ここではそれがないんです。
    んで、気がついたらあっという間に社員になって、新店舗を出すってことで店長に任命されました。
    正直、分からないことだらけだし、不安だらけです。けど、与えられたことを必死に頑張ってきて、いまこういうポストを任されているので、これからもしっかり腰を据えて一生懸命頑張ります。

    繁盛店の理由は、
    たった一つの考え方。

    自慢じゃないですけど、うちの系列店ってどこもすごい繁盛店なんです。それこそ、お客さんからの予約を断らないといけないくらい。自分もよく通ってたから分かるんですが、他のお店と同じ内容のサービスを受けるんやったら、うちのお店の方が安かったり美味しかったりするんです。だから必然的にお店に足が向かってしまう。当たり前ですよね。
    で、中に入って見てわかったことは、「お客様第一をとにかく徹底的に考えること」これだけなんです。社長もマネージャーも口を揃えて、「お客さんはどう思うと思う?」と聞いてくるんです。美味しいものを安く、快適な空間で食べられる。そこに気のいいスタッフがいれば、それだけでいい。だからそれだけをとにかく徹底する。
    当たり前の考え方を当たり前にできることって実はすごく難しくて、ここではそれを本気で考えさせられる。
    とにかくうちの魅力は一度足を運んでもらえば分かるかな、って。

    興味持ったら、一回来て見てください。
    楽しそうって思ったら、声かけてください。
    続々新店オープンするので、入るならいまですよ。

  • 入社年度

    2015年

    部門名

    店舗管理者

    いい意味でやりたい放題できる。
    同じ方向を見てる仲間と共に。

    「うちくる?」この何気ない 西野マネージャー の一言で決めたのが入社のきっかけです。

    最初は高槻にある亜門でアルバイトとして働き、その後正社員として株式会社SFOに入社しました。
    当初は流れに身を任せるというか、そんな腰を据えてしっかり働くって考えてもいなかったんだけど、実際働いていると、めちゃくちゃ働きやすくて、もはや休憩も休みもいらないから働きたいってくらい、仕事が今は好きですね。

    何が面白いって、会社自体にすごい勢いがあるんですよ。お店がいつも満席で埋まっているっていうのもそうだし、店舗がどんどん増えていっているってのもそうなんですけど、自社の店舗同士で数字を競い合って競争してる感じも楽しいですね。アルバイト時代からそういう空気に当てられていろんなことを任せてくれたりしたので、やりがいもありますし。

    それに立場がどうあれ、「こうした方がいいんじゃないですか」って声をしっかりと吸い上げてくれるので、『お店を盛り上げるために自分がどう動けばもっと良くなるか』ってことを考えながら働けているので、本当に動き続けたいなって思います。だから休みとか極力いらないんです(笑)

    できる限りの最善を尽くす。
    お客様が嬉しいと自分たちも嬉しい。

    自分は調理場での仕事がメインなので、「見た目が綺麗で、視覚的にも味的に美味しく」とにかくこの点を注意して動いているんですけど、帰り際にお客様が「美味しかったよ」って言ってくれるとほんまに嬉しいです。自家製のソースとかを改良したり、盛り付けを工夫したりって少しづつ改良して、少しでも多くの「美味しかったよ」を増やしたいですね。

    あと、これからはそれ以外にホール業務もできるようになりたいなって考えてます。自分、ずっとキッチンをやって来たので、他のセクションもできるようになるともっと仕事が楽しくなるかなって思うんです。やりたいことは尽きないですね。

    自分自身がお店を好きだから、
    みんなにもこの魅力を伝えたい。

    やっぱ働いている奴らがみんないい奴らなので、お客としても従業員として楽しめるのがうちの魅力だと思います。

    「安くて、量もしっかりしてて、旨い」この飲食店の3大原則を徹底的に追求してるのがうちの各店舗の特徴だと思うんですけど、実際に自分自身が結構な頻度でお店に行くんですよ。週3,4回。出勤も含めると週7日以上のペースでどこかしらのお店にいると思うんですけど、「他の店に行くなら、うちの店に行こう」って友人なんかにも自信を持って紹介してるんです。

    新しいスタッフが入れば、歓迎会。卒業すれば、送別会。機会があれば飲み会。何かしら理由をつけて〇〇会をやる。楽しく働きたいならうちにこればいいと思いますし、楽しく飲み食いしたいならうちにこればいいと思います。(笑)

  • 入社年度

    2016年

    部門名

    チームリーダー

    第一印象は楽しそう。
    入って見たら実際楽しい。それが私たちのお店。

    アルバイトで入る経緯は、求人媒体でアルバイト先を探していた際に紹介動画を見たのがきっかけでした。
    その様子が明るく楽しそうな雰囲気で、他の求人以上に心惹かれたのが最初の印象。

    実際に入って、働き始めてみると、すごく働きやすくて楽しい!実感値として感じました。

    今まで居酒屋で働いたことがなかったので、お店の雰囲気やオーダーの取り方など知らないことも多いけど、基本的な部分はちゃんとマニュアルが用意されているので安心です。

    とはいえ、「マニュアル厳守ッ!」って感じじゃなくて、基本を押さえたらあとは個々人が考えてってやり方なので、すごく勉強になるし、社員さんたちがいつもサポートしてくれるので安心して働けます。(みなさん若いのにすごくしっかりされています。)
    しっかりと腰を据えて働きたいなって思える魅力がここにはありますよ。

  • 入社年度

    2016年

    部門名

    ホールスタッフ

    「面白そう...」
    始まりは動画紹介で心惹かれたところから。

    SFOに出会ったのは、求人媒体で色々な仕事をみていた時です。元々カフェで働いていた経験もあり、「オープニングスタッフ」という条件のもと飲食店の仕事先を探していたました。

    その時見た働くスタッフさんの動画紹介がすごく楽しそうで、「ここいいかな」って思ったのが最初の印象です。さらに条件面を読み進めていくと、シフトの自由さ・掛け持ちOK・時給も良いということもあり、応募しました。

    実際に入ってみると終電を考慮してくれたり、みなさんすごく丁寧に仕事を教えてくれたりと思っていた以上に働きやすい環境です。

    一人ひとりのお客様を大切に。
    コミュニケーションを重要視した接客を。

    お店に基本的なマニュアルはあるものの、基本的には自分で考えて接客をするという形なので、『どうしたらお客様に楽しく過ごしていただけるのか?』ということを常に考えながら仕事に挑んでいます。常に笑顔を絶やさず、「写真とか撮りましょうかー」ってこちらから声かけしたりと、『自分だったらこれだと嬉しいな』っていうサービスを心がけながら接客をするようにしています。

    そのため、スタッフ同士はもちろん、お客様ともフレンドリーに過ごせるのがここの仕事の特徴だと思います。